農業を通して、荒浜のコミュニティ再生を目指す

東日本大震災後、仙台平野東部に位置する荒浜の農業は大きく変化し、
また農業政策についても急激な変化を求められています。

当地区の農業者又は農業を志す人達が中心となって、法人化し農地集積による効率的な営農と、
土地利用型農業のメリットを最大限有効活用、また園芸作物を活かした地域密着型農業も同時に展開していく。
震災後、水田は圃場整備により大型化し(30a⇒90a)農地の多面的利用と農産物生産及び地域活動交流(コミュニティ)を活発化させることが、私たちが法人化することによる最大の目的であると同時に美しい仙台平野 荒浜の農地保全をより強く継続発展させることを理念とします。

(農)せんだいあらはま   facebook

事業紹介

2013年 (集落営農組合)
震災後初めて大豆40a、施設園芸(イチゴ、小松菜、小菊等試験栽培)
2014年 (集落営農組合)
水稲16ha(湛水直播5ha)、大豆33ha、施設園芸(ミニトマト、メロン、スイカ、ネギ、ミニ人参等栽培)
2015年 (法人化)
水稲50ha(湛水直播12ha)、大豆45ha、麦21ha、施設園芸(ミニトマト、メロン、スイカ、葉物野菜)
露地で枝豆、白菜、玉ネギ、大根等栽培、初めて地元産の新米販売を行う。
2016年 水稲50ha、大豆40ha、麦21ha、施設園芸26a、露地野菜40a
※コミュニティ活動の一環として、荒浜小と田植、稲刈り。また、春には地元住人と復興感謝祭、秋にはヒマワリ祭り、収穫感謝祭などを行う。(荒浜小は28年3月閉校、七郷小へ統合)
2017年 水稲47ha、大豆10ha、枝豆1.2ha、麦10ha、施設園芸26a、露地野菜40a
※荒浜地区農地面積の約半分が圃場整備のため作付けできず。先行整備地に大豆を作付け。
2018年 水稲59ha、大豆32ha、枝豆2.5ha、麦10ha、施設園芸34a(ミニトマト、シャインマスカット、葉物野菜、仙台ちぢみ雪菜)
※仙台市認定農業者会の市民交流事業の一環として「枝豆収穫体験会」を開催。
2019年 水稲60ha(湛水直播18ha、乾田直播1.5ha)、大豆40.3ha、枝豆2.3ha、麦21.6ha、施設園芸34a(ミニトマト、シャインマスカット、葉物野菜、仙台ちぢみ雪菜)
※第2回枝豆収穫体験会開催
☆「んだっちゃ豆」商標登録

せんだいあらはまでは、以下の経営を目標とします。

せんだいあらはま
  • 収益性のある土地利用型経営
  • 園芸作物のブランド化
  • 就労の周年化を図る
  • 地場産の六次産業化
  • 儲かる経営を行い若い後継者が来るような法人

会社概要

会社名
農事組合法人 せんだいあらはま
代表者
代表理事  河野松男
副代表理事 二瓶健司
理  事  佐藤浩、貴田久夫、佐藤善一、大学源七郎
資本金
530万円
取引銀行
仙台農業協同組合(JA仙台 七郷支店)
仙台銀行(荒井支店)
経営規模
水田100ha、ハウス34a、露地畑400a
業務内容
稲作、大豆、麦を中心に園芸作物と露地野菜を作る。園芸作物等はJA直売所、市場、飲食店へ販売
主要生産品
米、もち米、大豆、枝豆、大麦、もち麦、ミニトマト、金時サツマイモ、仙台ちぢみ雪菜、ネギ、白菜、シャインマスカット(テスト栽培中)、その他葉物野菜
所在地
〒984-0033 宮城県仙台市若林区荒浜字一本杉北15-2
TEL:022-349-4178、FAX:022-349-4833

仙台東部道路 仙台東インターチェンジから車で10分

お問い合わせ

作業中のため、電話に出られない場合があります。また、メールの返信にはお時間をいただくことがあります。
なお、[*]が付いた項目については必ずご入力いただくようお願い致します。

[*]お名前

電話番号

[*]メールアドレス

[*]お問い合わせ内容

個人情報の取扱いについて
個人情報は、当農園の運営の為のみに利用し、その他の目的や第三者に譲渡することはいたしません。

農事組合法人 せんだいあらはま

〒984-0033 宮城県仙台市若林区荒浜字一本杉北15-2

TEL:022-349-4178、FAX:022-349-4833
E-mail:info@sendai-arahama.jp